明解!OES(オーダーエントリーシステム)

飲食店経営をする上で、仕事の効率を上げてくれる便利なサービスのひとつにPOSがあります。

その中でも直接売り上げに関わってくるのが「オーダーエントリーシステム」。どんなものでどんなメリットがあるの?という疑問をお持ちの方に解説します。

POSのオーダーエントリーシステムって何?

注文用タブレットとコーヒーカップオーダーエントリーシステムとは、飲食店で注文を取りに行ったフロアスタッフが、ハンディーターミナルと呼ばれる小型専用端末やiPadなどから、注文をキッチンへデータ送信したり、席番号・テーブル番号を選択するだけで会計金額をすぐに出してくれる、POSが持つ多くの機能のうちの一つです。

ファミリーレストランなどの飲食店に入った時に、一度は見たことがあるのではないでしょうか?居酒屋でよく見かける、テーブルに常備されている専用の注文機もそのひとつです。

 
 
 
 

飲食店にオーダーエントリーシステムを採り入れる価値

現在、多くの飲食店が取り入れているオーダーエントリーシステム。

このシステムの一番のメリットは、利益の向上です。

それでは、具体的にどういった経緯で利益が上がるのでしょうか?

まず、料理の注文を取って提供するまでの基本的な手順から見ていきましょう。

1.フロアスタッフが注文を取りに行く

2.伝票に記入する

3.伝票をキッチンへ運ぶ

4.キッチンにいる料理担当者へ伝える

5.料理を作る

6.料理を提供する

このような手順が必要となります。

オーダーエントリーシステムを採り入れることで、

2.伝票に記入する
3.伝票をキッチンへ運ぶ
4.キッチンにいる料理担当者へ伝える

の手順を省き、時間を短縮することができます。

さらに、この省ける手順は注文間違いが起きやすい作業でもあります。注文を機械入力によって送信することで、表記の統一をして読み間違いもほとんどなくなり、単に手順が省けるだけではなく、注文間違いの数を減らすこともできるのです。

手順を省いて時間の短縮にもつながり、注文間違いのリスクを減らすことによって結果、利益アップにつながります。

飲食店経営にPOSとオーダーエントリーシステムを採用する時の注意

POSは業者によって標準仕様が違います。

標準仕様の他に必要な機能があった場合は、新たに機能を拡張する必要があります。オーダーエントリーシステムを採り入れようとした際に、標準仕様には含まれていない場合もあるので、内容をしっかりチェックする必要があります。

さらに、オーダーエントリーシステムでは機械を使って注文を取るので、使用する際の取り扱いには十分に気を付けなければなりません。持ち歩く際に落として破損させたり、濡らして故障させたりしないようにする対策を考える必要があります。