”POS”と”レジ”の違い

POSとレジの違いがよくわからない方の為に、この2つの違いと、それぞれの機能の特徴もあわせて紹介していきます。

POSレジとレジの違いとは?

POSレジには、普通のレジではできない、マーケティングに役立つ「便利な情報管理機能」がたくさん搭載されています。

  • レジについて
    昔からあるレジは、「キャッシュレジスター(cash register)」の略で、日本語に訳すと「金銭登録機能」です。このことからも分かるように、レジは単純に「売り上げ金額の計算」や、「計算した金額の記憶」をすることが主な用途になります。
  • POSレジについて
    POSレジのPOSとは「Point Of Sale」の略で、日本語に訳すと「販売時点情報管理」です。「POS」「POSレジ」「POSシステム」などとも呼ばれています。これらはすべて、商品を販売した時点で商品情報以外に顧客情報なども登録・管理できるシステムを搭載したレジです。つまり普通の「金銭の計算・記憶」しかできないレジに比べて、断然賢いレジと言えます。

POSレジで出来ることって何?

販売商品の情報のデータ化

POSレジでは「いつ」「何が」「いくつ」「いくらで」売れたかがデータ化されるので、人気商品や人気の無い商品が把握できます。さらには、客層や天候、季節での売れ行きの変動の予測もできるので、それに沿った商品展開をすることで、ロスを減らすことができます。

複数の店舗間での情報の集約

POSレジはオンライン化できるので、全国展開する大型の飲食店でも、本部にいながら全国各地の人気商品や不人気商品などの様々なデータ分析が瞬時に可能となります。また、小規模な飲食店でも、顧客の詳細なデータ・嗜好がわかることで、売り上げアップとコスト削減を両立でき、店舗経営の改善に役立ちます。

業務の効率化・会計作業もスムーズに

金額を手打ちするレジとは違い、スキャンして金額を自動的に読み取るため、不正を防ぐのにも役立ちます。また、簡単な操作で混雑時の会計をスムーズに行えるため、業務の効率化も図れます。お客様を待たせることなく、顧客満足度の向上にも繋がります。

レジにはできないマーケティング力

暇な曜日、時間帯に対策できる情報データの蓄積・分析

POSレジを導入することで、商品の販売データ、顧客のデータを細かく管理、蓄積、分析できます。それにより、混雑時期を把握するだけでなく、お店が暇な時間帯や曜日に合わせたサービスを行ったりと、売り上げアップに繋がるマーケティング対策にも役立ちます。

販売商品の売れ行きがわかる

メリット季節ごとに変わる新メニューの考案の際にも、蓄積された顧客の嗜好データを分析することで、新メニューの開発や既存メニュー選定などに活かすなど、幅広く活用できます。顧客のニーズをより理解することが、売り上げアップへ繋がる鍵と言えます。

このようにPOSとは、「精算時における金額の計算・記憶のみを行う」レジとは違い、その機能以外にも、優れた情報管理システムを搭載しているのです。また、近年では、iPadなどのタブレットだけで動作するPOSもあり、手軽に導入しやすくなってきています。