今さらきけない“POSレジ”とは

飲食業界で仕事の効率化を図るためのコンテンツとして筆頭のPOS。名前は聞いたことがあるけど、どんなものかわからないという方は多いのではないでしょうか?ここでは、POSの説明から導入メリットまでくわしく紹介していきます。

POSレジとはどんなもの?

POSとはもともと「Point Of Sales」の略で、販売時点情報管理という意味を持った言葉です。現在、一般的にはデータの記録・集計・管理・分析を行う機器のことをPOSと呼んでいます。

このPOSと会計・注文など従来のレジ機能を融合したシステムが“POSレジ”です。

身近なところだと、ファミリーレストランや居酒屋、コンビニ、スーパーで専用の機器を使い、注文・会計・在庫の管理などで利用されているのを見かけます。

飲食店で発揮するPOSの魅力

POSは現在の飲食業界の繁栄に大きく貢献しています。
当初POSは、商品の価格・数量・売れ数・日時などの数字を収集してデータを残すものとして活躍し、経営者を助けてきました。

現在、飲食店で多く活用されている機能のひとつに、注文機能があります。

POSを導入することで、これまでの手作業で取っていた注文よりも手順を減らすことができ、提供できるスピードが上がり、オーダーミスが減ります。オーダーミスが減ることで、間違って取った注文の食材費を削減し、コストを抑えることができます。

回転率・利益アップとなることが大変好評で、採用しているところが多いようです。
右肩上がりの売り上げ表の画像
近年、提供する業者が増えて、クレジットカード決済や軽減税率に対応などの機能が追加され、さらに使い勝手が良くなっています。業者が増えたことで、利用しやすい値段にもなり、より身近な存在となりました。操作性も難しくなく、新人やアルバイトでも簡単にミスなく作業ができるものがほとんどです。

また、機能の拡張も魅力的です。

例えば、POSの一つの機能である注文機能をみてみると、スタッフがテーブルに出向いて対応する形式、タブレットなどを使ってお客様に自ら注文して頂ける形式など注文方法の幅も広がっています。予約管理システムをとってみても、自動音声による予約受付や多様な言語対応などの機能が拡張されてきています。

今後もまだまだ向上されていくであろう注目のシステムなのです。

POSの利用で仕事をスムーズかつスマートに

これまで飲食店で注文、予約を取る際や帳簿などの仕事は、ミスをする可能性を多くはらんだ手作業で一つひとつこなし、多くの時間を割かなければなりませんでした。そこにPOSを導入させることで効率化が叶い、手作業ならではの人為的ミスを減らして、スムーズかつスマートに仕事ができるようになります。

さらに、売上や顧客などのデータを収集し、残しておけるシステムを使えば、5W1H(「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素)を明確化でき、強みや弱みを把握することでムダな経費の削減やさらなる仕事の効率化が実現し、経営自体の改善や宣伝活動にとても重宝します。

POSを採り入れることで、提供する側の仕事量を減らし、効率よくスタッフのパフォーマンスが上がり、お客様一人ひとりへの接客も丁寧に対応できるようになります。結果、お客様もスタッフも満足度の高い経営へと導いてくれるのです。