ユビレジ(ユビレジ)

iPadやiPhoneで利用するタブレット型のPOSシステム、ユビレジの仕様や特徴、初期費用、ランニングコスト、導入例や評判、販売元の会社情報などをご紹介していきたいと思います。

iPadやiPhoneで利用するPOSシステム、ユビレジの評判とは

ユビレジはいわゆるタブレット型のPOSシステムであり、大きな特徴としてはiPadやiPhone、iPod touchといったアップル社製の端末使用に特化しているという点があります。店舗ではiPadおよびその他で会計処理を行い、会計情報はインターネット上にアップロードされ、チェック閲覧するという比較的シンプルなシステムと言えるでしょう。

アプリをインストールするだけで手軽に導入できる

システムの導入についても、ユーザーがネット上で利用申し込みを行いユビレジアカウントを作成、その上で「フリックオーダー」というアプリをインストール。必要な端末や周辺機器をオーダーし、ユーザーが自分で配線・配置を行えばOKという手軽さです。打ち合わせや特別な工事などはとくに必要ありません。

より具体的にご説明しますと、ユビレジは会計のためのiPadやiPhone向けクラウドサービス、そしてユビレジと連動させて使用するアプリ「フリックオーダー」が、来店時の空席状況や注文の記録、伝達などを行なうものと考えれば分かりやすいかと思います。

 導入時の費用目安と月々にかかる料金

気になる利用料金についてはまず、ユビレジのアカウント使用料はメニュー編集、レジ機能、売上の確認、顧客管理、レシートプリンタなど周辺機器との連携などが含まれ、月額無料というプランを選ぶことができます。ただしこれは売上データの閲覧が3日間のみに制限されるため、あまり現実的ではありません。

月額5,000円のプランになりますと、集計されたデータは無限で閲覧でき、さらにメールでのサポートも利用できます。連動させるアプリ「フリックオーダー」の使用料は月額3,500円(1店舗につき端末5台まで)となっています。

使用する機器類は基本的に買い取りとなっています。
初期費用のモデルケースの一例として、 iPad2をメインにレシートプリンタ&ドロアを設置し、iPod touchを3台ハンディとして使用、キッチンプリンタを2台設置し、さらにユビレジを周辺機器と連例させるユビレジエクステンションを使用した場合、212,200円という数字が目安として提示されています。
これプラス、先に述べたユビレジのアカウント使用料およびアプリ「フリックオーダー」の使用料が月々必要になってきます。

専用機ではないため、売上分析等には別途アプリが必要

ただし、この料金で利用できるのはメニュー編集、レジ機能、売上の確認、顧客管理、周辺機器との連携といった機能に限定されます。
例えばより高度に売上を分析したいという場合には、「ユビレジ for Salesforce」(月額5,250円)というアプリを別途インストールする必要があるといった具合です。また、そもそもこのユビレジは飲食店に特化したPOSシステムではなく、小規模小売店全般を対象としています。そのため、飲食店ならではの機能は充実しているとまでは言えません。

しかしながら、iPadで手軽かつ身近なPOSシステムとして、評判は比較的高いと見受けられます。導入実績も既に100店舗以上と訴求されており、前述の通り、飲食店のみならず、ネイルサロンや美容室、リペアショップ、整体院などへの事例が紹介されています。

セキュリティは?

セキュリティ面では、顧客データなどの蓄積はwebサイト上で確認する方式と明記されていますので、いわゆるクラウドタイプで端末にデータが残らない方式を採用しています。

以上を鑑みると、ユビレジはシンプルな機能で十分というニーズに、比較的リーズナブルに導入できるタブレット型POSシステムと言えそうです。ある程度の規模の飲食店で、iPadやiPhoneを使い慣れているユーザーであれば、有力候補のひとつになることでしょう。

販売元会社情報
会社名 株式会社ユビレジ
所在地 東京都渋谷区 道玄坂1-22-10 見真ビル4F-L
設立 HPに記載なし
公式サイト https://ubiregi.com/ja