テンポスキューブ(テンポスドットコム)

※2015年12月現在、このサービスは終了しているようです。

厨房機器通販サイトの大手、テンポスドットコムが扱う飲食店用オーダー端末&POSシステム、テンポスキューブについて、システムの仕様や特徴、費用、サポート、導入例、販売元の会社情報などをご紹介していきたいと思います。

テンポスドットコムが手がける飲食店用オーダー端末&POSシステム

テンポスキューブは、タブレット型POSシステムで、飲食店用オーダー端末との連携や飲食店用POSに求められる各種機能を初めから実装しているタイプ。飲食店に特化した専用の設計となっており、アルバイトや新人さんでも、画面を見ただけで直感的にすぐ使えるようになっています。

飲食店に特化した豊富な機能を実装

機能の一例としては、「メニューの一覧と追加・変更」、「テーブル(座席)の設定」、「注文の一覧と印字・削除」、「支払いの一覧と印字・削除」、「キャッシュレジスタの設定」などはもとより、売上データをグラフ化して表示したり、商品の人気ランキングを作成したりといったものまでが含まれています。
先払い、後会計など各種の支払い形態や割引や消費税、クレジット払いなどにも柔軟に対応できるようになっています。

使用端末を選ばない

またテンポスキューブの大きな特徴として、使用する端末に制約がありません。タブレット型POSの多くはiPad系のみ、あるいはAndroid系のみといった感じで端末が制限されますがテンポスキューブはこれら双方に加え、一般的なノートPCなどもそのままシステム端末として使用することができます。

キャッシュドロアとレシートプリンタといった装備を揃えれば、あとは市販の端末を利用することができるのです。また、他のPOSシステムの場合ホールスタッフが店内で使用するハンディを追加すると課金されるのに対し、テンポスキューブはiPod touchやiPhoneなどをハンディとして何台追加しても課金されることはありません

気になる費用やセキュリティ、サポート体制は?

システム構築の初期費用がおおよそ70万~80万円目安。月々の使用料は不要ですが、バックアップ料金として2,980円がかかります。

セキュリティ面においてはwebアプリシステムを使用しているため、使用する端末自体にはデータが残らないシステムとなっています。iPadやiPod touchなどの端末にデータを保存する他のPOSシステムとはことなり、端末の紛失や持ち出しでデータが盗まれるといったリスクもありません。別の機種による代用も容易です。またサポートに関しても24時間の電話サポートやオンライン上でのリモートサポート体制を整えており、導入者が店舗運営に専念できるよう支援体制を整えています。

以上の通り、テンポスキューブはいわゆるタブレット型POSでありながら、機能や拡張性、カスタマイズ性はPOS専用機に匹敵し、なおかつ飲食店向け専用に設計されている注目のシステムになります。販売元のテンポスドットコムのサイト上には特に導入事例などは紹介されていませんが、業界では高い評判となっているとの声がよく聞かれます。

販売元会社情報
会社名 株式会社テンポスバスターズ(テンポスドットコム)
所在地 東京都大田区東蒲田2-30-17 サンユー東蒲田ビル8F
設立 2008年(平成20年)