スマレジ(プラグラム)

iPadやiPhoneで利用するタブレット型のPOSシステム、スマレジの仕様や特徴、初期費用、ランニングコスト、導入例や評判、販売元の会社情報などをご紹介していきたいと思います。

iPad向けPOSシステム、スマレジの評判や特色とは?

スマレジはいわゆるタブレット型の分類されるタイプであり、iPadやiPhone、iPod touchといったアップル社製の端末使用、クラウドシステムを利用したPOSシステムです。
導入方法は他のタブレット型POSと同様、比較的容易で、ユーザー自身が必要な機器を発注・取り揃え、セットアップすることで利用が可能。打ち合わせや特別な工事などはとくに必要ありません。

飲食店向けアプリを連動させて使用、オプションでさらに多彩な機能

スマレジは小売サービス業全般を対象としているPOSシステムですが、飲食店向けに別途開発された注文業務用アプリ「Waiter(ウェイター)」と連動させることで、商品登録、注文、テーブル状況の確認、配膳状況の確認、スタッフ登録といった飲食店向け機能が利用できるようになります。
もちろん会計やデータ集計といったPOS基本的機能はスマレジ自体が担います。その他、スマレジにはオプションとしてポイントシステム対応や、在庫変動履歴、在庫店舗間移動などの機能も利用できるようになっています。

気になる初期費用と利用料金

スマレジのサーバーアプリ利用料は1店舗につき月額4,200円で端末3台まで対応。4台目以降は1台に付き、月額1,260円が加算されていきます。スマレジと連動させる注文業務用アプリ「ウェイター」は端末1台につき月額1,575円となっています。

なお使用する機器類は基本的に買い取りとなっています。
初期費用のモデルケースの一例としては、iPad miniをメインにレシートプリンタ&ドロアを設置し、iPod touchを3台ハンディとして使用、キッチンプリンタを2台設置した場合、スマレジとウェイターの上記台数分のひと月分の使用料込で447,075円となります。

導入実績とセキュリティ

タブレット型POSシステムとしては決して格安とまではいきませんが、比較的機能が充実していることもあり、ユーザーからの評判は上々と見受けられます。導入実績も既に450店舗以上、飲食店はもちろんのこと、雑貨やアパレルなどの小売業、さらにはスポーツ系施設などでも導入事例が紹介されています。

セキュリティ面では、パスワードによる本体ロックを採用。また会員データはサーバー上に保存さらローカルには保持しない方式。万一端末などを紛失した場合、管理画面からレジ利用不可に制御することができます。

以上を鑑みると、スマレジはタブレット型POSシステムとしてはやや高価ですが、機能面がより充実しておりコストパフォーマンス的に一定の評価を得ていると言えそうです。中規模以上で複数店舗を展開している場合などは有力候補になるPOSシステムと言えそうです。

販売元会社情報
会社名 株式会社プラグラム
所在地 大阪市中央区平野町4-6-4 メディアバードビル5F
設立 2010年(平成22年)
公式サイト http://smaregi.jp/