はんじょうPOSレジ(スカイダイニング)

飲食店専用に特化したタブレット型POSシステムである、はんじょうPOSレジについて、システムの仕様や特徴、費用、サポート、導入例、販売元の会社情報などをご紹介していきたいと思います。

飲食店専用かつAndroid端末対応、はんじょうPOSレジとは?

はんじょうPOSレジの、大きな特徴のひとつ目は、飲食店専用に特化したタブレット型POSシステムである点です。
タブレット型POSシステムは、飲食店に必要な注文業務やメニュー設定、テーブル移動の記録などの機能を追加しようとする場合、アプリ・ソフトなどを追加して使用します。

その点、はんじょうPOSレジでは飲食店に求められる機能が豊富に備わっていて、「テーブルごとにお客様の名前を記録しておきたい」といった機能の追加にも柔軟に対応しています。

ホールスタッフや経営者のための機能も豊富

もうひとつの、はんじょうPOSレジの大きな特色と言えるのが、Android端末対応のシステムである点です。
iPadやiPod touch、iPhoneなどアップル社製端末のみに対応しているタブレット型POSシステムが多いのに対し、Android端末対応は貴重な存在(逆に言えば、アップル社製端末が使えない不便も)。タブレット型POSシステムを導入したいが、Android端末の方が慣れ親しんでいるという方には見逃せないシステムです。

機能面においても、先述した注文業務などホールスタッフのための各種機能に加え、経営者のための機能も充実。売り上げ速報、曜日別集計や、時間帯別集計、メニュー分析、さらには顧客管理のための機能も備わっています。

気になる利用料金は?

月々のランニングコストは10,000円。ただし、これは人件費管理、 顧客管理、レポート機能といった分析ツールの機能を使用するための費用で、基本的な機能は初期費用のみで利用することができます。

導入費用の目安として参考になるのが「基本セット」です。SAMSUNG GALAXYのタブレット1台、スマートフォン3台(ハンディとして使用)、そして会計プリンタ、キッチンプリンタ、ドロア、アクセスポイント、 タブレットスタンド が各1台ずつセットになり、セットアップ費用含め85万円が目安。ハンディ追加は1台35,000円プリンタ追加は1台59,000円となっています。

サポート体制とセキュリティ

緊急時のサポート受付は、夜間・土日祝日対応の体制を整えています。

また、セキュリティ面に関して、顧客データなどがサーバー保存のクラウド方式なのか、ローカル端末に保存されるのかについては明記がありませんでしたので確認が必要です。

公式サイトで販売実績数は公表されていませんが、導入例が紹介されており、それぞれの業種や店舗面積、客席数なども記載されているので、導入検討の際は参考になるのではないでしょうか。

以上を総合すると、はんじょうPOSレジはタブレット型POSでありながら、飲食店向け専用に開発されており、導入初期費用はやや高めですが、機能は充実していると言えます。ランニングコストもASPツールの使用料が月額10,000円のみというのも見逃せません。iPad非対応でAndroid端末のみ対応というのは、好みの分かれるところかもしれません。

販売元会社情報
会社名 株式会社スカイダイニング
所在地 東京都文京区小日向4-6-21 ベルメゾン茗荷谷3階
設立 2003年
公式サイト http://hanjou-posregi.com/