EC-Orange POS(エスキュービズム)

株式会社エスキュービズムが手がけるタブレット型のPOSシステム、EC-Orange POSの仕様や特徴、初期費用、ランニングコスト、導入例や評判、販売元の会社情報などをご紹介していきたいと思います。

タブレット型POSシステム、EC-Orange POSとは?

EC-Orange POSは、タブレット型POSシステムでありながら、様々な小売業に対応する機能や拡張性を備えたタイプという位置づけになります。

例えば、実店舗とECサイト(ネットショッピング)を連携させ、顧客情報を一元管理したり、蓄積されたCRM情報をもとに顧客の嗜好を分析した上でメールマガジンを配信するといった機能までを、タブレット型POSシステムで実装しています。
EC-Orange POSは原来、iPad向けシステムでありますが、顧客からの要望で、新たにWindows8向けも業界で初めて(同社調べ)手がけたのだとか。ただし、飲食店向けには、iPad向けのシステムの使用が選択肢となっています。

注文業務用アプリと連動させて使用

EC-Orange POSを飲食店で活用する場合、注文業務用アプリ「Orange Handy」との連動が必要になります。
Orange Handyでは、商品登録、注文、テーブル状況の確認、配膳状況の確認、スタッフ登録といった飲食店向け機能が利用可能。会計やデータ集計といったPOSの基本的機能はEC-Orange POS本体が担います。もちろん顧客管理、レポート機能といった分析ツールも充実しており、中でもクーポンやメルマガ配信といったCRM機能の充実は特筆すべきポイントでしょう。

費用は完全個別見積もり

気になる利用料金ですが、導入事例ごとに、完全個別見積もり対応となっています。
レジアプリケーションや、管理用のアプリケーション、レシートプリンタやキャッシュドロアなどの周辺機器、メインのiPad端末、そしてOrange Handyの使用料やハンディとして使用するiPad miniの台数、そして導入する店舗数や店舗間の連動など、さまざまな要素によって料金が変動します。

セキュリティと導入実績

EC-Orange POSは、売上・在庫・顧客などの情報はサーバーに保存されるクラウド方式端末が故障した場合などでもデータ損失の心配はないということです。

導入実績に関しては、販売総数は公表されていませんが、飲食店やカフェ、居酒屋での導入事例がホームページ上で多数紹介されています。システムへの評価も上々のようで、Orange Handyとの連動による飲食店向けPOSシステムとしては、ポテンシャルの高さがうかがえます。

なお、購入後のサポート体制についての記載は見当たりませんでしたのでお問い合わせください。

以上を鑑みると、EC-Orange POSはタブレット型POSシステムとして機能や使い勝手、満足度は高いレベルと言えますが、費用面で完全個別見積方式となっているため、導入検討に際しては、見積もり依頼や問い合わせが必須となります。その上で、機能とコストパフォーマンスのバランスを的確に判断するのが賢明でしょう。

販売元会社情報
会社名 株式会社エスキュービズム
所在地 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルA館4F
設立 2006年
公式サイト http://ec-cube.ec-orange.jp/pos/merit/