エアレジ(リクルートライフスタイル)

iOSやAndroidのスマートフォンやタブレットで利用できるPOSレジアプリ、エアレジの仕様や特徴、初期費用、ランニングコスト、導入例や評判、販売元の会社情報などをご紹介していきたいと思います。

無料のPOSレジアプリ、エアレジの評判や特色とは

エアレジはApp StoreやGoogle Playで無料ダウンロードできるPOSレジアプリ。

iOSやAndroidを採用したスマートフォンやタブレットで利用できるアプリで、アカウントの登録は必要ですがアプリ自体は初期費用・月額費用とも無料で使えます。

端末やレジ周りで必要な周辺機器はユーザー側で購入する必要がありますが、インターネット環境がある店舗なら手軽に導入することができます。

従来のPOSレジ専用機の代替プラスαの機能もあり

エアレジはスマートフォンやタブレットがあれば無料でPOSレジ替わりに使えるサービスだけに、小売・飲食・サービス業などで幅広く導入されています。

主要機能は商品管理・在庫管理・売上管理・顧客管理・予約管理で、飲食店で利用する場合はレジ周りをすっきりできるのがメリット。

在庫管理でバーコード読み取りができる点や、顧客管理でリピーター促進策を検討できる点など、従来のPOSレジにはない機能も備えています。

また、外部サービスとの連携ではクレジットカード決済や弥生などの会計システムと合わせて利用することも可能です。

導入時の費用目安

上で紹介したようにエアレジというPOSレジアプリは一切費用がかかりません

導入費用としてはiOSやAndroidのスマートフォンやタブレットを自前で購入する必要があり、これは量販店などで購入すればOK。

周辺機器は運営会社であるリクルートライフスタイルが販売していて、キャッシュドロアが8,700円、レシートプリンタが39,800円となっています。

その他の機器や消耗品であるロール紙も含めて複数商品が販売されているので、新規導入時はミニマムスタートして、徐々に拡充していくことをおすすめします。

エアレジをiPad miniで操作するとした場合、初期費用の目安は75,300です。

導入実績とセキュリティ

公式サイトに掲載されている導入事例は古書店、酒蔵、観光牧場など。

小規模経営で導入費用が安価な点が決め手になっているようです。

セキュリティではSSLを使用して各種データをクラウド上に蓄積するシステム。

端末でトラブルがあってもデータが消えることはありませんし、店舗内にサーバを用意する必要はありません。

こうした点から、エアレジは新規店舗で高価なPOSレジを購入すると費用対効果が低いような場合、トライアル的に利用してみるのに向いています。

また、売上データ出力はPCのみの機能ですが、PCやタブレットを持っているオーナーなら費用負担をかなり抑えて売上管理システムを導入できるメリットもあるわけです。

販売元会社情報
会社名 株式会社リクルートライフスタイル
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2
設立 2012年10月1日
公式サイト https://airregi.jp/