システムの種類と料金相場

飲食店向けPOSシステムにはどのような種類があるのかを検証しながら、それぞれの特徴や価格相場などについても掘り下げてご紹介していきたいと思います。

飲食店向けPOSシステムの種類と価格相場を検証

そもそも、POSシステムと聞くと、ファストフード店やコンビニ、大規模小売店などで利用されているレジタイプのものを思い浮かべる方が多いかと思います。けっして間違いではありませんが、それは後述する「POS専用機」に該当するもので、実はPOSシステムには他にも種類があるのです。

それはずばり、iPadをはじめとするタブレット端末を利用した、比較的新しいシステムです。ただしこのタブレット端末型も大きく2種類に別れます。そこで本サイトでは、POSシステムを以下の3種類に区分けしてみました。

  • POS専用機
    レジタイプの専用の筐体を持つ機器を使用し、小売店全体を対象とした各種機能を豊富に備えたもの。
  • 専用機とタブレットの中間型POSシステム(多機能タイプのタブレット型)
    タブレット端末やスマートフォン端末を利用するタイプのPOSシステムで、POS専用機がもつ機能のなかから「飲食店向け」など、特定の業種・業界で求められるものを実装したもの。
  • タブレット型POSシステム
    タブレット端末やスマートフォン端末を利用するタイプのPOSシステムで、会計業務など比較的シンプルな機能に特化しているタイプのもの。

これら3タイプの特徴を一覧で比較してみると以下のようになります。

  POS専用機 専用機とタブレットの中間
(多機能なタブレット型)
タブレット型
導入
コスト
ソフト・ハードともにコスト的には一番高価。また設置工事やシステム構築費用なども必要。 店舗規模、運用形態にあわせてソフト・ハードの導入組合せを柔軟に選択できるのでPOS専用機よりは安価。 対象の端末にソフトやアプリをインストールするだけなので一番安価。ただし必要な機能を追加する場合は別途費用が必要。
機能 小売店全般に必要な機能が充実している反面、飲食店には不要な機能が初めから備わってしまっているケースも多々ある。 会計機能やオーダーシステムとの連携、顧客情報管理、各種分析機能など、飲食店に必要な機能が厳選された上で備わっている。 会計・集計といった基本的な機能に、必要な機能を利用者自身で追加していく方式。追加機能の種類も限られている場合が多い。
操作性 機種ごとに、専用の操作方法を採用しているため、慣熟やトレーニングが必要。 タブレットでの直感的な操作が可能で、業態や業務内容に合わせた設定も可能。 タブレットでの直感的な操作が可能だか、設定の自由度は低い。
拡張性 基本的にカスタマイズが難しく、独自仕様にするにはかなり高額のコストが発生してしまう。 独自の機能追加や、基幹システム、各種アプリとの連携など、カスタマイズは比較的容易。 基本的には、対応アプリやソフトの追加のみ。また一定以上のデータ処理が必要な場合などには不向き。

上記の通り、ひと口に飲食店で使用するPOSシステムといっても、それぞれには明確な違いがあります。より分かりやすく、それぞれの機種の関係性を図で表すと、以下のようになります。

機能面と初期費用の相関関係

上記3つのタイプの導入コスト(初期費用)と機能面の相関関係はどうなっているのか、簡単に図解しましょう。

POSシステムの 機能面と初期費用の相関関係

以上の通り、飲食店向けPOSシステムといっても種類ごとに価格や機能などに違いがあるのがお分かりいただけたかと思います。さらに細分化すれば、製品ごとにランニングコストも異なりますし、その他にもさまざまな違いがあります。

そこで「飲食店におすすめのPOSシステムランキング」ページでは、実績豊富な会社をコストや機能などで比較しています。会社選びに役立つ内容ですので、参考にどうぞ。

また、「飲食店で使えるPOSシステム セレクト10」の各ページにて、代表的なPOSシステム10製品について、個々に詳しく紹介するページを設けました。ぜひご覧ください。