どんな機能があるのか

飲食店向けPOSレジやオーダー端末にはどんな機能があり、導入することで、どんな利便性やメリットが得られるのかについて具体的に検証していきたいと思います。

何ができるのか?飲食店向けPOSレジやオーダー端末の機能

例えば、自家用車や家電製品を長く使った末に最新式のものに買い換えた際、機能や性能の進化に驚くということは誰しも心当たりがあることでしょう。POSレジやオーダー端末ついても同じことが言えます。
また、これまでPOSを使用しておらず、紙の手書き伝票で集計していたというケースでは、面倒な計算や帳簿つけの作業を自動的に行なってくれる、と言えば心が動かされるのではないでしょうか?

最新のPOSレジやオーダー端末でできることをご覧いただけば、お店の業務改善の道がきっと見えてくることと思います。

※以下にご紹介する機能は、POSレジやオーダー端末製品すべてに備わっているとは限りません。機種や製品によっては他の機器やソフト・アプリの追加が必要だったり、特定の機能そのものに対応していないというケースもありますのでご注意ください。

  • レジ会計機能
    お客様の料金支払いの際、現金支払い時にはキャッシュドロアと連動、クレジットカード払いにはカードリーダーと連動、レシートプリンターとの連動によるレシート発行、さらにはサービスポイントの付与やポイント使用といったことまで対応できます。
  • リアルタイム売上集計
    POSレジを使用することで、売上が自動的に集計されていきます。閉店後にまとめて計算という作業から解放されるのはもちろん、店舗と離れた本部でも、複数店舗の売上がインターネットを通じてリアルタイムで確認できます。
  • オーダー作業の効率化とスピードアップ
    POSレジとオーダー端末を連携させることで、多数のメニューでもスタッフが端末を直感的に操作でき作業をスピードアップ。テーブルの着席状況や料理の配膳状況などもリアルタイムで表示させることができ、注文漏れや配膳ミスの防止にも大きく寄与します。またテーブルの移動や合流、個別会計などへの対応も自在です。
  • 集計分析機能
    例えば曜日別、あるいは時間別にどんな商品がどれだけ売れたのか、商品別の売上数はどのくらいか、来店者の性別や年齢はどのような割合かなど、様々な要素から分析が可能。業務の改善や新メニュー立案などに役立つほか、売上データをグラフ化して表示するといったことも可能になります。
  • CRM/顧客分析
    特定のお客様がどのような商品をいつ、どの位の頻度で注文しているかといった情報を記録でき、接客サービスやメルマガ配信などの販促に活用できます。
  • 勤怠管理機能
    従業員の出勤、休憩、退出時間の記録はもちろん、勤務情報の集計や給与計算も自動算出することができます。
  • 多店舗展開の場合の本部機能
    複数の店舗ごとの売上や人件費、諸経費などを、インターネットを通じて集約し、一元管理することができます。
 

以上が、POSレジやオーダー端末を導入することによって得られる主なメリットになります。製品や機種によってはこれら以外にも便利な機能を備えていますので、じっくりと検討してみてください。